ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 国内での活動

スタッフ日記
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ホーム国内での活動>「開発とNGO」研究会

ここからコンテンツ本文です。

「開発とNGO」研究会

研究会の趣旨

  この研究会は、今日の世界や、そこにおける問題の構造をするどく洞察し、また現状の問題に対する代替案を提起しているような本をテキストとし て、その内容や、その本を読んで感じたこと、考えたことを、参加者で自由に話し合うものです。それを通じて、NGO活動の基盤となるような世界観を形成し ていくことをめざしています。

シリーズ 《貧困の構造とその克服》

 貧困の問題は、環境や資源等の問題とともに、今日の世界が直面する問題の中でも、もっとも重要で深刻なもののひとつです。それは、いわゆる「途上国」の問題であるにとどまらず、グローバル化の進展とともに、「先進国」の問題としても新しい広がりを見せています。この研究会では、貧困の生じる要因を構造的にとらえた著作や、その克服の方策を論じた著作に学びながら、現代の貧困の問題とその解決・緩和について考えます。

■第1回 2011年4月3日(日) 午後2時〜5時
テキスト 西川潤 『飢えの構造−近代と非ヨーロッパ世界』、 ダイヤモンド社、増補改訂版、1984年 (初版1974年)
■第2回 2011年5月8日(日) 午後2時〜5時
テキスト スーザン・ジョージ『なぜ世界の半分が飢えるのか−食糧危機の構造』、1977年, 小南祐一郎・谷口真理子訳、朝日新聞社、1980年
副読本 スーザン・ジョージ『債務ブーメラン−第三世界債務は地球を脅かす』、 1992年, 佐々木建・毛利良一訳、朝日選書、1995年
■第3回 2011年6月5日(日)  午後2時〜5時
テキスト 鶴見良行『アジアはなぜ貧しいのか』、 朝日選書、1982年
副読本鶴見良行『バナナと日本人−フィリピン農園と食卓の間』、 岩波新書、1982年
■第4回 2011年7月3日(日)  午後2時〜5時
テキスト 湯浅誠『反貧困−「すべり台社会」からの脱出』、岩波新書、2008年
副読本 デヴィッド・ヘルド編『グローバル化とは何か−文化・経済・政治』、2000年, 中谷義和監訳、法律文化社、2002年
■第5回 2011年8月7日(日)  午後2時〜5時
テキスト アマルティア・セン『自由と経済開発』、1999年, 石塚雅彦訳、日本経済新聞社、2000年
副読本 アマルティア・セン『貧困の克服−アジア発展の鍵は何か』、1997〜2000年, 大石りら訳、集英社新書、2002年
■第6回 2011年9月4日(土)  午後2時〜5時 
テキスト ムハマド・ユヌス『貧困のない世界を創る−ソーシャル・ビジネスと新しい資本主義』、2007年, 猪熊弘子訳、早川書房、2008年 
副読本ムハマド・ユヌス『ソーシャル・ビジネス革命』、2010年, 千葉敏生訳、早川書房、2010年
■第7回 2011年10月2日(日) 午後2時〜5時
まとめ
テキストは、参加者の推薦等により、変更・追加される場合があります。
副読本として、テキストを補足するもの、より広い観点から問題を俯瞰できるものなどを選んでいます。合わせてご一読されることをお勧めします。
毎月1回、原則第1日曜日に開催。参加者のご都合により変更する場合があります。

【研究会の進め方】
参加される方の中から各回の担当者を決め、テキストの内容を要約してご報告いただきます。その報告をふまえて、参加者間でディスカッションします。実りある会となりますよう、ご参加の場合、原則としてテキストを事前に読んできていただくようお願いします。
研究会のようす
(研究会のようす)

【会場】 APEX事務所(JR山手線鶯谷駅下車徒歩3分、地図

【定員】 15名(申し込みが5名に充たない場合、中止する場合があります)

【参加費】 APEX会員:無料(但し、資料代実費をいただく場合があります)
非会員:各回500円(全7回通し券2500円)

【お申し込み資格・方法】
研究会には、どなたでもご参加になれます。お名前、ご住所、ご連絡先(メールアドレスまたは電話番号)等を明記の上、APEX事務所にe-mailにてお申し込み下さい。また、<申し込みフォーム>、電話、FAXでもお申し込みいただけます。原則として4回以上、できれば全回の参加をお願いします。
(個別の参加をご希望の場合、その旨を付記して下さい。)

【申し込み先/お問い合わせ】 
APEX東京事務所(担当:三木)
TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F 
E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

これまでのテキスト

2010年 シリーズ《代替社会を考える》
2009年 シリーズ《環境・エコロジーの古典を読む》
西川潤   『人間のための経済学 −開発と貧困を考える−』
見田宗介 『現代社会の理論 情報化・消費化社会の現在と未来』
中田正一 『国際協力の新しい風 −パワフルじいさん奮戦記−』
暉峻淑子 『豊かさとは何か』
暉峻淑子 『豊かさの条件』
見田宗介 『社会学入門 −人間と社会の未来−』
加藤博   『「イスラムvs.西欧」の近代』
猿谷要   『アメリカよ、美しく年をとれ』
水野和夫 『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』
中岡哲郎 『日本近代技術の形成−“伝統”と“近代”のダイナミクス』
半藤一利 『昭和史 1926-1945』
広井良典 『定常型社会―新しい「豊かさ」の構想』
広井良典 『持続可能な福祉社会―「もうひとつの日本」の構想』
アマルティア・セン『貧困の克服−アジア発展の鍵は何か』
アマルティア・セン『人間の安全保障』
水野広祐 『インドネシアにおける新たな発展の方向をもとめて』


本をご購入される場合は、以下のサイト(イーココロ!)をご利用いただけると売上の一部がAPEXに寄付されます。
募金サイト イーココロ!


ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286/ ファックス FAX:03-3875-9306 / 電子メール E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。