ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 海外での活動

APEXの最新の動きをお伝えするブログ「アパ・カバール?」
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ホーム海外での活動排水処理プロジェクト>中小産業排水処理への取り組み

ここからコンテンツ本文です。

排水処理プロジェクト−中小産業排水への取り組み

排水処理適正技術センター(JICA開発パートナー事業)

回転円板処理装置 2001年10月から2004年9月まで、ジョクジャカルタに排水処理適正技術センター(PUSTEKLIM)を創設・運営する事業をJICAとの協力のもとに実施しました。

 深刻化するインドネシアの水質汚濁問題の緩和・解決のために、インドネシアに適した中小産業向けの排水処理技術を開発し、それを普及させていくのがこのプロジェクトの目的です。プロジェクトの目的、活動と成果、評価指標等が定義されたPDM(プロジェクトデザインマトリックス)の中では、「インドネシアの中小産業(ホテル、病院を含む)に適した排水処理技術が開発され、その普及のためのシステムが排水処理適正技術センターにおいて確立される」ことが目的として定められました。

排水処理適正技術センター外観 この目的を達成するために、排水処理適正技術センターの設立、適正技術開発、人材育成、情報蓄積・情報サービス、ネットワーク形成の5つの分野の活動を行うことが計画されました。以下、それぞれの分野ごとに成果をご報告します。

1.排水処理適正技術センターの設立

 11名が事務作業のできる事務室、60名収容可能な研修室、排水分析室、情報機器、研修用機器を備えたセンターが開設され継続的に活動を実施した。

2.適正技術開発

 食品排水、染色排水、皮革加工排水、ホテル排水、病院排水を処理する計9基のパイロットプラントを設置・運転・解析し、要求される性能を充足した。

3.人材育成

 プログラム研修を153名が、見習研修を385名が修了した。

4.情報蓄積・情報サービス

 排水処理適正技術マニュアルを作成した。排水処理に関する技術相談サ−ビスを継続的に実施した。

5.ネットワーク形成

 それぞれ107名、175名の参加者を得て、国際会議を2回開催した。ホームページを開設し、利用に供した。ニュースレターを11号発行した。

 このPUSTEKLIM事業によって、初期投資は6分の1以下、運転にかかわる電気消費は2分の1以下の技術が開発されました(図1,2)。

初期投資額比較
電力消費量比較

PUSTEKLIMにおける技術開発面での達成

1.インドネシアのような熱帯地域における嫌気性処理(*)と好気性処理(*)を組み合わせたプロセスの有効性を実証的に示した。

 先進国の排水処理は、活性汚泥法(*)などの好気性処理を主体としたものが多いですが、活性汚泥法は処理水質こそ高いものの、電力消費が大きいのが難点です。それに対して嫌気性処理は、電力消費は低く抑えられますが、処理水の水質は劣ります。そこで、この事業では、排水をまず嫌気処理し、その後好気性処理で仕上げることによって、電気消費が少なく、かつ処理水質も良好なプロセスを試し、その有効性と妥当性を示しました。

2.上記方式の好気性処理部分における回転円板の有効性を示した。

 途上国に適した好気性処理として回転円板の有効性を示し、 インドネシアにおいて、ヤシの繊維の回転円板と立体格子状接触体を用いた回転円板の二種の製造技術を確立しました。

3.上記方式の嫌気性処理部分に関して、嫌気性ろ床(*)、嫌気性バッフル型リアクター、UASB(*)の三種類のプロセスを試し、それぞれの得失を明らかにした。

 嫌気性処理部分に関しては、排水の性状、利用可能なスペース、初期投資の制約、運転管理体制等を考慮して最適な選択をしていく必要があります。この事業では、上記3種類のプロセスを試すことで、それぞれの得失を明らかにしました。

JICA開発パートナー事業終了後のPUSTEKLIM

 開発パートナー事業終了後も、センターは自立的に排水処理設備の設計、製作、設置などの活動を続けています。事業実施中は8基、終了後には17基のプラント建設にたずさわりました(2006年8月現在)。
 また、2005年12月には立体格子状接触体の金型が完成し、立体格子状接触体の現地生産が可能になりました。


活性汚泥
 下水や廃水に含まれる有機物を酸化分解する微生物を繁殖させて生じる泥状の沈殿物。
活性汚泥法
 下水・排水処理方法の一つ。汚水を曝気槽に導入して活性汚泥と混合し、好気性条件下、微生物の働きで有機物を分解し、下流の沈殿地で活性汚泥を沈降除去した後、上澄みを処理水として排出する。沈降した汚泥は曝気槽に返送される。
好気性処理
 酸素が存在する所で正常に活動する微生物に汚濁物質を分解させる処理方法。
嫌気性処理
 酸素が少ない条件を保ち、その条件で活動できる微生物に汚濁物質を分解させる処理方法。
嫌気性ろ床
 表面に嫌気性微生物による生物膜を形成させた接触材を用いて、それを充填した反応槽を用いる方法。
UASB
 上向流式嫌気性汚泥床。グラニュール(嫌気性微生物が直径2〜5mmの球状に集まったもの)を使って、 有機性排水を処理する方法。

協力先NGO

ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。