ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 海外での活動

APEXの最新の動きをお伝えするブログ「アパ・カバール?」
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ホーム>海外での活動

ここからコンテンツ本文です。

海外での活動

APEXでは現在、インドネシアを主なフィールドとして、現地のNGOと協力しつつ、以下のプロジェクトを進めています。

バイオマスエネルギープロジェクト

地球温暖化をもたらさず、再生可能なエネルギー(*)としてバイオマス(*)が注目を集めています。APEXでは、廃棄物や荒れ地を利用しつつ、それぞれの地域に適した、住民が参加しやすいやり方でバイオマスエネルギーの利用を進めるべく、下記の事業に取組んでいます。(→事業の背景について

バイオマスガス化事業(2000年〜)
APEXでは、粘土を触媒とする独自の流動接触分解ガス化技術を開発・普及させることにより、幅広いバイオマス原料を効率的にガス化して、燃料生産や発電に利用する道を開こうとしています。

小規模実験を経て、2005年8月には25kWクラスのパイロットプラントを、2008年2月には135kWクラスの実証テストプラントを完成させ、それぞれ順調に運転を行って、技術の有効性を確認しています。
バイオマスガス化実証テストプラント
ジャトロファ(*)事業(2008年〜)
乾燥した気候の中、荒地の多い東ヌサトゥンガラ州フローレス島において、荒地でも生育し、種子から軽油代替燃料が採取できるジャトロファを多面的・複合的に利用して、環境保全と住民の生活向上を相乗的にはかれるような地域開発モデルを形成し、普及させようとするものです。

この事業は、2008年9月から2011年10月までは、外務省の日本NGO連携無償資金協力事業として実施しました。その後は自立的に運営を続けています。

排水処理プロジェクト

アジア地域の深刻な水質汚濁と劣悪な衛生環境を改善するため、現地に適合的な、安価で運転管理の易しい排水処理技術の開発と普及に取り組んでいます。(→事業の背景について

中小産業排水処理事業
深刻化するインドネシアの水質汚濁問題の緩和・解決のために、インドネシアに適した中小産業向けの排水処理技術を開発し、それを普及させていく事業を行っています。

2001〜2004年にジョクジャカルタに排水処理適正技術センター(PUSTEKLIM)を創設し・運営する事業をJICA開発パートナー事業として実施しました。センターでは、その後も中小産業向けの排水処理設備の設置・普及に自立的に取り組んでいます。


コミュニティ排水処理事業
インドネシアの都市部では生活排水の処理が適切に行われておらず、劣悪な衛生環境や深刻な水質汚濁をもたらしています。大規模集中型下水道は費用負担が大きく、戸別の腐敗槽処理にも限界があります。特に人口密集地域では、コミュニティレベルでの集合処理が求められます。APEXでは、現地に適合的で住民が参加しやすい、コミュニティ排水処理システムの開発と普及に取り組んでいます。

2006〜2008年にはジョクジャカルタ特別州内の2地区で、モデルシステムを形成しました。2011年10月からは中部ジャワ州の3都市及びバリ州の1都市などを拠点としつつ、開発されたシステムを普及させていく事業を実施しています(JICA草の根技術協力事業草の根パートナー型)。

これまでのプロジェクト

 
アジアの現地NGO支援型プロジェクト 2001〜2005年に実施
小産業活性化センタープロジェクト 1991〜1997年に実施
低価格住宅供給プロジェクト 1987〜2003年に実施
ジャワ島中部地震被災者救援活動 2006年に実施

再生可能エネルギー
 水力、バイオマス、太陽光、風力など、枯渇することがないエネルギー源のこと。一定地域で1年間に得られるエネルギーの量(フロー)が限定される代わりに、半永久的に使用し続けることができる。
バイオマス
 再生可能な生物由来の有機性資源で、化石資源を除いたもの。廃棄物系のもの、未利用のもの及び資源作物(エネルギーや製品の製造を目的に栽培される植物)がある。
バイオマスの例
ジャトロファ
 正式名はジャトロファ・クルカスという植物で、種子から軽油代替燃料となる油脂が採取できることで知られる。乾燥や病害虫に耐性をもち、農地に適さないような荒地でも生育可能である。

ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。