ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 海外での活動

スタッフ日記
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ホーム海外での活動バイオマスエネルギープロジェクト>国際会議の開催とパイロットプラントの建設・運転

ここからコンテンツ本文です。

国際会議の開催とパイロットプラントの建設・運転

バイオマス国際会議開催

バイオマス国際会議の様子 2003年10月1日〜3日に、ジョクジャカルタで「バイオマスからの燃料生産のための適正技術に関する国際会議」が開催されました。これは、環境事業団(現在の環境再生保全機構)から助成を頂いて、ディアン・デサ財団とAPEXが共催で行ったものです。

 日本から2名(東京農工大学の堀尾正靭教授、長崎総合科学大学の坂井正康教授)、インドから2名、タイから1名、インドネシアから6,7名の研究・実践者をお招きして、バイオマスのガス化や液体・固形燃料生産などについて発表して頂きました。スタッフも含めると170名ほども集まる大盛況でした。会場の出席者の関心も高く、活発な意見交換が行われ、まさに"アジアにおけるバイオマス・エネルギーの交流の場"となりました。

 2日目の堀尾教授の講演では、APEXと共同で開発を進めている粘土触媒を用いた"流動接触分解ガス化技術"について紹介があり、その後、ディアン・デサ財団/APEXで作成したコールドモデル(*)のデモンストレーションも行いました。
 会議の詳細については添付報告書のPDFファイルをご一読ください。

国際会議報告書 (pdfファイル、496キロバイト)

パイロットプラントの建設と運転

バイオマスガス化パイロットプラント

 2000年12月以降、小規模実験装置やベンチプラントを用いた開発を進めてきましたが、2004年5月からパイロットプラントの設計・建設に着手しました。2005年9月に、インドネシア、ジョクジャカルタに25キロワット級のパイロットプラント(*)が完成し、運転を開始しました。

 当初は、粘土触媒は比較的柔らかいので、すぐに粉化・飛散してしまうことが懸念されましたが、実際に運転を行ってみたところ粘土の量にほとんど変化はありませんでした。また、今回開発している装置では、サイズの大きいバイオマスをそのまま入れられることもわかってきました。これまでに、おが屑、ピーナッツの殻、とうもろこしの芯、アブラヤシの種皮(*)、アブラヤシの空房(EFB)のガス化実験を行っています。

 通常のガス化プロセスでは、原料のバイオマスを数mm以下に粉砕しなければいけないことが多いのですが、APEXでは数mm〜2cm程度の粒度のものが混合した、アブラヤシの種皮を原料に用いて、約1,850kcal/Nm3(キロカロリー/立方メートル)の発熱量をもった生成ガスを得ております。一般にディーゼルエンジンを用いた発電では1,000kcal/Nm3程度で十分といわれており、それを相当上回るレベルとなります。

バイオマスガス化パイロットプラント

コールドモデル
 実際にバイオマスを高温でガス化するホットモデルを製作する前に、常温で同形のモデルをつくり、流動媒体の流動状態の解析など行うもの。
パイロットプラント
 基礎研究の段階を経て、ある製品を商品化・量産化する前に、製品の品質や生産方法などについて実験を行うための試験用装置。
種皮
 種子の殻。
アブラヤシ断面図と種皮
ケンブリッジ大学遺伝学部の画像資料より

協力先NGO

ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。