ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです
本文へ移動します。
サイト内主要メニューへ移動します。

ここからヘッダです。

特定非営利活動法人APEX

ここではサイト内の検索を実行できます。

サイト内の検索Googleホームページロゴ
ここからサブメニューです。

▼ 団体案内

スタッフ日記
APEXメールマガジン

ここでは現在の場所を表しています。

ホーム団体案内>組織・スタッフ

組織・スタッフ

組織と意識決定機関

 APEXは会員制をとっており、2014年4月末現在の正会員及び賛助会員数は150名です。正会員の中から理事が選ばれ、スタッフと共に会を実務的に運営しています。会の意思決定は、以下によって行われます。

総会
 総会は会の最高意思決定機関であり、原則として年1回開催されます。そこでは、活動報告、活動計画、決算・予算、組織等に関する議論と承認・決定が行われます。
理事会
 理事会は12名の理事で構成され、会の活動状況や会計・財務状況を検討し、方針を打ち出します。 また、1名の監事がおかれています。
スタッフ会議
 原則として毎月一回開催されるスタッフ会議では、会の日常的運営に関する議論と方針決定を行います。

理事・監事

役職 氏名
代表理事 田中 直
副代表理事 福澤 郁文
副代表理事 岩佐 園子
理事 田中 祥一
理事 土屋 芳久
理事 中村 満壽央
理事 宮田 正信
理事 吉田 哲夫
理事 小川 浩司
理事 清水 浩二
理事
多川 正
理事高田剛司
監事 田中 泰史

顧問

 石井 俊弥(石井税務会計事務所)


 スタッフ紹介

代表理事

【趣味】 あまり時間にせかされていない時は、APEXの仕事自体が趣味に近いです。
【普段の仕事】代表として会の運営と活動を統括しているはずなのですが、実際は担当者のような仕事・雑用が多いです。
【エピソード・思い出に残る出来事】APEXの前身の団体で1984年に初めてタイへ行った時に買ったサンダルを、そのまま27年間現地用に使っていた。今月(2011年10月)になってついに新調。
【メッセージ】APEXでやっているような仕事に、これから多くの方が取り組んでいってほしいです。

ブログ
田中直
Nao Tanaka
APEX代表理事

日本人スタッフ

【趣味】インドネシアの工芸品の収集、お菓子作りなど
【普段の仕事】総務や経理担当ですが、国内のお仕事全般に関わっています。APnetにも顔を出してます。
【エピソード・思い出に残る出来事】その1、日本からのお願い事にもすぐに対応してくれる頼もしいスタッフに支えられ、ツアーが実施できていることをありがたく思います。その2、初めて企画したスタディーツアーが縁でスタッフが結婚!?
【メッセージ】当会は20年以上も前から「それぞれの地域に適した技術(適正技術)」を追求していますが、これからの技術開発ともいえる形を実践してきたと思ってます。どやっと言わないところがうちの美学(!?)・・そんなAPEXの活動をぜひご覧下さい。
ブログ


三木 夏苗

Kanae Miki
総務・経理担当マネージャー
【趣味】最近はどちらも活動休止中ですが、合気道と絵を描くことです。
【普段の仕事】海外事業(ジャトロファ事業、排水処理事業)に関する事業運営の補佐・会計・広報などです。
【エピソード・思い出に残る出来事】これまではほとんど何の価値もなかったジャトロファの種子に値段がつき、販売できるということを知らされて喜ぶ住民の顔を初めて見た時、この事業に携わっていて良かったと思いました。
【メッセージ】APEXは、初めはとっつきにくくても、実際に関わってみると非常に奥が深い団体だと私は思います。是非、お気軽にアフタヌーンカフェなどに参加して、その奥深さを体験してみてください。
ブログ

彦坂 哲弥
Tetsuya Hikosaka
海外事業コーディネーター

【趣味】映画鑑賞、ピアノ、遺跡巡りも取り入れたいです。
【普段の仕事】今年度開始のSATREPS事業(バイオマスガス化・メタノール合成)に関する研究、調査および事業進捗管理補佐など。
【エピソード・思い出に残る出来事】大学ではインドネシア・スラバヤ工科大学との共同研究で、廃棄物処分場からの汚水を処理するという研究に携わりました。何度か足を運んだ廃棄物処分場の真っ黒な汚水や鼻が曲がるニオイはまさに五感で体験した新興国が抱える負の側面でした。同時に、一つの国とは思えないほど多様な文化や豊かな自然にはいつも心 躍っています。イイとこもワルイとこも全部直視しながら真摯に、そして楽しく!インドネシアとお付き合いしていけたらと思っています。
【メッセージ】APEXではさまざまなイベントを行っていますので、是非いらしてください!
   河合 実名子
   Minako Kawai
  海外事業コーディネーター

【趣味】スポーツ、アウトドア全般
【普段の仕事】
SATREPS事業に関する研究、調査および事業進捗管理補佐等
【エピソード・思い出に残る出来事】大学院の研究室にインドネシア人留学生が在籍していたことや人生初の海外旅行がインドネシアのジョグジャカルタであったことなど、インドネシアに不思議な縁を感じています。APEXの活動では、現地で本当に必要な技術について考え、人々のニーズに答えていこうとしている点に共感しています。
【メッセージ】
実際の仕事はこれから本格化していきますが、社会貢献に直結する仕事にやりがいを感じています。若さを活かして頑張ります(^^)


須藤 裕太
Yuta Sudo
海外事業コーディネーター


【趣味】ジャズギター、作曲、サッカー、フットサル、 育児、SNS、ブログなど、多趣味なほうです。
【普段の仕事国内事業では主に運営を、広報の分野では、APEXを広く知ってもらう仕掛けを考えていきます。
【エピソード・思い出に残る出来事】サラリーマンからNGOに転職することを家族や周りの友人などに知らせた ところ、「やっぱり!」という反応が返ってきました。 自分がもともとやりたかった仕事でもありますが、周囲の人たちも今の仕事のほうがしっくりくるようです。
【メッセージ】APEXは、適正技術の実践という他に類をみない活動でこれからもどんどん注目されていくNGOだと思います。自分なりにできることをAPEXに注いで行きたいと思いますので、よろしくお願いします!
      塩原 大介
  Daisuke Shiobara
   国内事業・広報担当

現地スタッフ

PUSTEKLIM(排水処理適正技術センター)

【趣味】お酒、料理、旅行
【普段の仕事】技術部門の現地統括
【エピソード・思い出に残る出来事】排 水の「ハ」の字も知らなかった私が、今では全国から排水処理に関する相談を受けるまでになれたのは、APEX代表の田中さんにいろいろ教えてもらったおかげだと思っています。
【メッセージ】今後は排水処理システムの普及が課題です。PUSTEKLIMが自立出来るように頑張りますよ!!
ヘルマン・
スジャルウォ

技術担当
【趣味】読書、散歩、料理、畑仕事
【普段の仕事】地方政府との交渉、ネットワーク形成、住民の参加型コミュニティ開発支援
【エピソード・思い出に残る出来事クリチャック地区の住民は大変貧しいにもかかわらず、その地区内で排水処理設備を建設する際に工事や運営に参加するなど、非常に協力的でした。それどころ か、すすんで排水処理設備のための土地を提供してくれた方がいたことが印象的でした。
【メッセージ】このプロジェクトに参加して本当によかったです。もちろん苦労もあったけど、それ以上に得るものがありまし た。インドネシアの衛生設備普及のために一緒に努力していきましょう。
ユニ・スプリヤティ
住民支援、
地方政府との連携担当
【趣味】サッカー、テニス、散歩
【普段の仕事】技術スタッフ、ファシリテーター
【エピソード・思い出に残る出来事土木分野や設計の仕方に関して、まったくの素人だった私が、ス久ナン地区の排水処理設備建設の際に、現場監督として周りのスタッフや住民から信頼を得ることができたこと。住民と仲良くなれたことも嬉しかったです。
【メッセージ】APEXのホームページにようこそ。インドネシアへの訪問もお待ちしています。
アハマド・バキ
技術・住民支援担当
【趣味】読書、音楽鑑賞、何かに挑戦すること
【普段の仕事】排水の分析や排水処理適正技術研修の準備・運営など
【エピソード・思い出に残る出来事まだPUSTEKLIMに入って間もないのですが、これから良い経験が出来るように頑張ります。
【メッセージ】これまでの経験を生かして、適正な衛生設備普及のために力を尽くしていきたいと思います。
アジェン・タンティ・
プラティウィ
分析・人材育成担当

【趣味】サッカー
【普段の仕事】排水の化学分析、住民の参加型コミュニティ開発支援
【エピソード・思い出に残る出来事働き始めたばかりなので、まだありません。
【メッセージ】インドネシアの環境をより良くするために頑張りたいと思います。

ジュニ・
ラハマダンシャ
技術・住民支援担当

PUSPHA(ジャトロファセンター)


【趣味】サッカー観戦と仕事
【普段の仕事】種子買い取りのまとめ、ジャトロファを植栽している村でのフォローアップ
【エピソード・思い出に残る出来事】自分が担当するエンデ県南部の住民との会合で、住民から大変歓迎されたこと。
【メッセージ】APEXの行うジャトロファ事業が今後も順調に継続されるようご支援をお願いします。フローレス島にも是非来てください。


    
ダニエル・セガ
フィールド・オフィサー

【趣味】スポーツ
【普段の仕事】ジャトロファ・センターでの搾油・精製作業、ガス化装置・種子予熱器などを含めた装置の運転・保守管理
【エピソード・思い出に残る出来事】初めてジャトロファ油の精製を行なった時に、良い結果が得られたこと。
【メッセージ】インドネシア政府だけでなく日本の皆さんの協力も得られて、ジャトロファ事業が継続されることを望みます。
ピーター・ピアヌス・
ホバン

搾油・精製機械担当


会員になる

ここから下部メニューです。

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックス FAX:03-3875-9306 / 電子メール E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org

ページの終わりです。

ページの先頭へ戻ります。